大手銀行の自動融資を利用する

大手銀行の自動融資とは?

カードローンの借り入れには、当然、毎月の返済はつきものです。
この返済が滞ってしまった場合、「返済が出来なかった」という事実が履歴として残ってしまいます。
勿論これは、借り入れた本人にとって不利益なことになってしまうのです。

 

では、ここで「自動融資」という便利な機能があることをお知らせしましょう。
「自動融資」とは、大手のいくつかの銀行で行っている融資システムですが、返済が口座引き落としの場合、公共料金などと一緒の口座であれば、手続きが出来ます。
ただ、カードローンの種類によっては手続きが出来ない事も御座いますので、その辺は銀行に直接相談してみましょう。

 

さてこの手続きができた場合ですが、「自動融資」とは、引き落とし口座に残金が引き落とし額よりも少ない場合に自動的に、貸し付けをしてくれて、引き落としが出来るという仕掛けです。
勿論、「自動融資」も借り入れの一つですので、返済の義務は生じますが、金利が少ないうえに、銀行からの借り入れとなるので、定期預金がある場合は、その定期預金を解約することで返済することも出来るのです。
メリットとしては、カードローンに対しての返済が確実に出来ますので、「口座にうっかり入金していなかった」と言うときにも、必ず返済期日を守れますから、うっかり延滞は無くなります。
ですから、返済履歴にも「延滞」が記載されませんので安心できるのです。

 

ただ、このシステムは、多くの場合「定期預金」がある場合に限られる事があります。
ですから、返済能力がないとみなされた場合は手続きが出来ない場合もあります。

 

必ず、自分の返済能力に見合った範囲内での利用を心掛けましょう。
無計画にカードローンを利用することはしないに越したことはないのです。