一時的に借りるなら無利息期間付きのカードローン

一時的な金欠には?

カードローンを申し込むとき、普通一番利息が低いところを探すというのは当たりま背の事ですよね。
人の心理として、なるべく無駄なお金は省きたいものです。

 

しかし、ローン会社によっては、
「無利息期間」と言うものを設けている会社もございます。
基本的にローン会社は、利息によって利益を得ているのですから、「無利息」となった場合会社は利益にならないと言う事ですよね。
これは不思議にお思いなると思われますが、会社にとっては「損して得取れ」という考え方なのです。

 

もし、あなたが初めてのローン会社からの借り入れをお考えであれば、勿論この無利息期間を利用しようと考えるはずです。
残念ながらそれが落とし穴でもあるのです。
一度、借り入れを始まれば、また、その会社を利用しようとするはずです。

 

ローン会社の「無利息期間」には色々なタイプがあるので、中には、初回のみ「30日間無利息」と言う場合もあります。
また、7日間のみ無利息で、その後は利息が通常通りつく場合もありますが、何度借入しても最初の7日間は無利息という会社も存在します。
中には、何度借り入れても、最初の30日間は「無利息期間」と言う会社もございます。

 

肝心なのは、「借り入れの際に、必ずその期間内に返済が可能であること」です。
返済が不可能な金額を借りてしまった場合、その後は延々利息が付いて回るのです。

 

しかしながら、この制度をうまく利用すれば、無利息で借り入れは可能となります。
幾つかの無利息期間のあるローン会社から、期間内で時期をずらして借入してゆき、最初に借りたローン会社から順番に借り入れた金額を返済してゆけば、ボーナスまで借入期間を延ばして、最終的にはボーナスで返済することも可能です。

 

でも、この例はあくまでも、最終的に返済可能な場合に限りますので、良く考えて借り入れをすることが大切です。