家計簿をつけて無駄遣いを減らす

家計簿は無駄遣い防止に最適♪

カードローンの借り入れをしている人の殆どが気づいていない事実ですが、
そういう方の大半が、「家計簿」を付けていません。
ついつい、「家計簿は面倒くさいもの」とおっしゃる方もいると思います。
また、「お金が出るときは出るんだから仕方がない」と言う事もあります。

 

しかし、家計簿は、自分の無駄な消費を見極めるだけではなく、
お金に関する悪習慣を見つけ出すことにも繋がっていきます。

 

例えば、毎日つけている家計簿の中に、「同じコンビニ」でのレシートが
毎日貼り付けてあったとします。
良く見れば、必ず会社帰りの時間帯であった場合、それは、
「会社帰りにコンビニに立ち寄る」ことが習慣化していると言う事が発見できるのです。

 

その習慣は、本当に必要なのでしょうか?

 

もしかしたら、本当に買う必要なものは無いのに、つい習慣で買い物をしているのかもしれません。
もしそうなら、この習慣を止めるだけで、節約が出来ると言う事です。

 

更には、レシートの中身を確認してみましょう。
必ず購入しているものの中には、本当は必要が無いものが、毎回購入されているケースがあるはずです。
例えば、娯楽のための雑誌であったり、自分へのご褒美の為のスイーツであったり・・・。

 

娯楽や、ご褒美は、自分で決めて、週に1回または、月に1回などと決めてみるのも節約への近道です。

 

もし、あなたが、今カードローンの返済を抱えているのであれば、今のお金の流れをきちんと把握することは重要な事です。
もし無駄なお金が有れば、それを繰り上げ返済に回してあげれば、借入期間が短縮され利息も減るのです。
今重要なことは、1日も早く返済を終了すること。
その為にも、家計簿は必要なアイテムなのです。