複数の業者に申し込むと審査に落ちる?

何故多重申込みは不利になるのか?

大半の方は、カードローンの申し込みをした場合、
もし審査に通らなかったらどうしますか?
きっと次のカードローン会社に申し込みの申請をするのではないでしょうか?
また、この会社がダメなら次へ・・・。
これを繰り返してしまった時、「多重申し込み」となるのです。

 

では多重申し込みは、なぜ不利になるのでしょうか?

 

それは、ローン会社に申し込みをした時から発生しているのですが、
「個人信用情報機関」と言う場所に、あなたのローン会社への申請した事実がすぐに記録されてしまうのです。
さらには、2度目に申請したローン会社では、その情報を読み取り、「申請に落ちているのは信用度が低い」とみなして、やはり審査を通してくれない場合が多いのです。
さらには、それが続いてゆくと、あなたの信用は益々落ち込み「これだけ断られているのは、返済能力がない」とみなされる場合が殆どになってしまうのです。

 

カードローン会社も、お金を貸し付けることで、貸し付けたお金を回収した上で、「利息」を取ることで利益が生じているわけですから、返済が出来ない者に貸し付けてしまっては、会社の不利益を生んでしまうので、大変慎重に審査をしているのです。

 

また、「申し込みが通らない」という会社の件数が多くなることで、「個人信用情報機関」では、残念ながらブラックとして情報が載ってしまうのです。

 

この、悪循環を断ち切りたいのであれば、申し込みが通らなかった時点でまず一息おきましょう。

 

「個人信用情報機関」の情報は約半年で消去されますから、それまでの履歴が一回リセットされます。
その時点で改めてカードローンの申し込みをした方が無難です。

 

勿論、ローンは借金です。
後々、返済しなければいけない事を、きちんと肝に銘じておきましょう。