金利が低いカードローンに申し込む

金利が低いカードローンに申し込む

カードローンを利用する場合に金利の高い低いというのは返済の負担を考えるとすごく大きいものです。できるのであれば金利が低い業者を選びたいものです。多額の借入を行う場合や長期間の借入を行う場合には特に金利が低い業者を選んだほうが返済額が低く抑えられます。

 

カードローンの金利は7%から20%というように幅が広い金利設定になることが多いです。その理由としては利用限度額によって金利が設定されるからです。金利で選ぶ際のポイントは最低金利よりも最高金利の低さで判断をしたほうがいいです。少額を借りることになる時には大抵の場合最高金利のほうが適用されます。

 

例えば、A社が3.5%から10.0%、B社が4.5%から9.5%となっている時に、最低金利はA社の3.5%のほうが低いわけですが、利用限度額が大きくならない限り最低金利に設定されることはないでしょうから、最高で9.5%から始まるB社のほうが低金利になる可能性が高いです。実際には希望融資額で適用される金利でA社とB社の比較をしたほうがわかりやすいです。

 

一般的には銀行系のカードローンのほうが消費者金融系のカードローンよりも金利は安い傾向にあります。ただし、銀行系のカードローンのほうがどうしても審査基準が厳しくなります。消費者金融系のカードローンであれば即日融資に対応していたり、中には無利息キャンペーンを行っていたりするなど使い勝手のいいサービスが多くあります。

 

たとえ低い金利のカードローンの審査が通ったとしても、自分が余裕をもって返せる計画を立てることが大切です。多くのお金を借りたのであれば、たとえ金利が低くても返済に苦労するものです。計画的に利用するという姿勢でいるといいでしょう。