おまとめローンとは

借金の1本化のこと

プロミスにはおまとめローンと呼ばれる金融商品があります。この商品は複数の業者の借金をひとまとめにして借金の一本化をします。2010年の貸金業法改正によって貸金業についてもおまとめローンを事業化することが認められています。おまとめローンは総量規制の対象ではなく利用者にとってお得な契約になりますので、年収の1/3以上であっても利用することができます。

 

おまとめローンを利用したほうがいい人は複数の業者からの借入がある人と年収の1/3以上の借入がある人です。例えば、現在A社で30万円、B社で50万円、C社で20万円の借入(共に金利18.0%)があるのであれば、A社からC社までのローンをまとめることにより100万円で金利15.0%以下にすることができます。まとめることによって金利が安くなれば返済が楽になります。

 

おまとめローンにおいて重要な要素は3つあります。1つ目は低金利であることで、2つ目は利用限度額が高めで、3つ目は信頼できる会社であることです。
低金利であることはおまとめローンを申し込むに当たり非常に重要な要素で、以前よりも金利が安くならないと返済が楽にならないです。基本的にはローンを1本に集約化すれば利用限度額は高くなるので、その分だけ金利は低くなるものです。

 

プロミスのおまとめローンの借入可能最大額は300万円となっており、比較的利用限度額が高いです。借入総額が300万円以下であれば十分に利用することができます。おまとめローンはローンを1つにまとめたわけですから、どうしても長い付き合いになります。返済を行うに当たり信頼できるかどうかはしっかりと見極めていかなければいけないところです。